私たち王寺動物病院では予防、一般診療、そして高度医療と幅広く飼い主様のニーズに合わせた獣医療を年中無休で行っております。

トップ

病院理念

病院紹介

夜間診療

担当表

設備・機器

料金

輸血医療

デイケア

リハビリ

栄養指導

パピーライフ指導

院内セミナー

リンク

輸血医療について

輸血というのは人間だけの治療法だと思われていませんか?

最近は動物医療も進歩し、人間と同様に多くの動物たちが輸血医療を必要としてます。
しかし、人間と違い血液バンクがありません。
そのため動物病院で用意できる血液のみでは対応することが困難な状況にあります。
輸血治療は助かる可能性のある小さな命を救うため、不慮の事故や病気で血液を必要とする
動物たちにとって、大きな役割を果たしているのです。

輸血が必要になる病気

ネギ中毒 → タマネギ、ニラ、にんにく等には血液中の赤血球を破壊する物質が含まれています。
寄生虫 → 血液中の赤血球に寄生し、赤血球を破壊します。
自己免疫性溶血性貧血 → 自分の赤血球抗原に対して自己抗体が産生され、赤血球を破壊します。
大量出血 → 交通事故や手術等による大量出血
極度の下痢、嘔吐 → 血液中の蛋白質が失われていきます。
出血傾向 → 血友病など主に凝固因子の欠乏症や異常症でおこります。出血しやすくなる、あるいは凝固しにくくなる状態です。

当院では3種類の輸血を行っています

全血液 献血犬から採血したばかりの血液(全血)をそのまま受血犬に輸血します。緊急を要する、瀕死状態のワンちゃんを救うことができます。

保存血液 献血犬Aから採取した全血を、血球と血漿に分離します。血球を必要とする受血犬Bと血漿を必要とする受血犬Cにそれぞれ輸血するという方法が取れるので、一匹で二匹の命を救うことが出来ます。

献血犬を募集しています

当院では献血犬を随時募集しています。

募集要項

①犬
②体重10㎏以上
③年齢1~満8才
④各種伝染病ワクチン接種済み(毎年1回)
⑤各種寄生虫の予防(フィラリア、ノミ、ダニ)
☆献血の際には健康診断(簡単な血液検査、初回の血液型検査を含む)のサービスを行なっております。

<採血方法について>
◯ご協力頂ける動物たちの採血は、短時間で終了させ負担を少なくするために、太い血管(首の部分)より行ないます。
◯血液を安全かつ清潔に採取するため、首の部分の毛を少し刈らせていただきます。
◯採血時に暴れて安全に採血が行えない場合には、獣医師の判断で軽い鎮静剤を使用することがあります。

ご協力頂ける方、興味がおありの方は、お気軽にスタッフまでお尋ね下さい。

実際の献血の流れ

①問診+身体 一般検査

ワンちゃんの現在の状態をお聞きします。
その後、簡単な範囲での健康診断をさせていただきます。

②血液検査

採血して大丈夫か、どこか内臓に
悪いところはないか血液検査をします。

③採血

首から採血させていただきます。

④ごほうび

がんばってくれたワンちゃんにごほうびのお食餌を。