私たち王寺動物病院では予防、一般診療、そして高度医療と幅広く飼い主様のニーズに合わせた獣医療を年中無休で行っております。

トップ

病院理念

病院紹介

夜間診療

担当表

設備・機器

料金

輸血医療

デイケア

リハビリ

栄養指導

パピーライフ指導

院内セミナー

リンク

デンタルケアについて

3歳を過ぎた犬の85%以上が歯周病だと言われています。最近、ワンちゃんネコちゃんの口臭が気になる、なんてことはありませんか?
歯周病は口臭の原因になり、また、動物自身も歯に痛みや不快感を覚えます。
症状がひどい場合には、お口の中の細菌が臓器にまで及んでしまうとの報告もあります。
そうなってしまわないように、お口の中をきれいに保つデンタルケアが大切です。
今回は、デンタルケアについてお話させていただきます。

歯周病とは?

歯周病とは、口の内の細菌によって引き起こされる感染症です。

人間では、生活習慣病と認定され、全身的な疾患との関連が報告されており、歯周病の予防および治療の重要性が増しています。
歯周病は、歯石、歯垢、病原性細菌、ストレスなどの原因によって発生するといわれており、これら原因の除去が歯周病の予防には必要不可欠です。

 

歯についてどうご理解されておられますか?

さて、以下の項目で該当するものはいくつありますか?

□ 歯の上をガーゼで磨いていれば問題ない

□ 病院で処置してもらうと、麻酔をして歯を抜かれてしまう?

□ 歯を抜いてしまうと食べられない?

□ 麻酔をかけずに歯石除去が良い?

□ 乳歯は放っておけば抜ける?

 

実はこれ、すべてNOです。

■歯の上のみの洗浄では、歯周病は予防できません。歯周病の原因となる細菌は、歯と歯茎の間、つまり歯周ポケットに存在します

つまり、歯周病予防に大切なのは、歯周ポケットを清潔に保つことです。

そのためには、ブラッシング(デンタルケアは、ブラッシングが基本です)が欠かせません。

■病院での歯石除去(スケーリング)は、歯の表面および歯周ポケットの歯石除去、つまり歯周病の原因物質の除去が目的です。

その際、歯周病の進行した歯があれば、歯石が溜まりやすくなり、感染があれば他の歯にも拡大することがあるため、

抜歯をおすすめしています。必ずしも歯を抜くわけではありません。

また、犬は、飲み込める大きさであれば、ヒトのように食べ物を噛まずに飲み込んでしまうため、抜歯をしてもごはんには困らないのです!

また、歯科処置には超音波スケーラーを使用するため、動物が暴れてしまうと歯茎や眼を傷つけてしまう可能性があるため、

麻酔下での処置が必要です。(ヒトのように、じっとできればよいのですが・・・)

■乳歯は、生後6か月頃までに自然と抜けることが多いですが、それ以降は抜けにくいといわれています。

また、乳歯が残っていると、歯石が溜まりやすくなるため、去勢手術や避妊手術、歯石除去の際に抜いてあげましょう。

(麻酔はできるだけ少ない方がいいですね!)

 

具体的にデンタルケアとは?

歯周病の予防には、日常のデンタルケアが欠かせません。

デンタルケアは、大きく2つに別れます。病院でのケアと自宅でのケアです。

病院でのケアは、歯周病が進行している患者さん、またはこの先悪化する恐れのある患者さんが対象で、

スケーリングや抜歯などを行います。この処置によって、口臭の改善や歯周病の予防を行います。

自宅でのケアは、ブラッシングがメインで、全ての患者さんが対象です。

では、どのように行えばよいのでしょうか。

ポイントは以下の通り。

 

 

1.歯ブラシを用いて、歯周ポケット内の歯垢を除去する

2.力加減はやさしく!

3.毎日少しずつ行い、頑張りすぎない

 

1.歯ブラシは、毛先の細くて柔らかいソフトタイプがおすすめです。

2.軽くブラシをあてる程度で、やさしく行ってください。

また、乾燥した状態のブラッシングは歯茎の損傷を悪化させてしまうことがあるため、歯みがきペーストや水などを用いて行いましょう。

3.習慣をつけることが大切です。ごほうびや喜ぶ味のペーストなどを用いて歯に触ることから始めましょう。

また、慣れるまでは地道な努力が必要です。根気よく、数日で一周フラッシングが終了するくらいで十分です。

 

※歯を鍛える、きれいにするためのデンタルグッズは、どれも効果が同じというわけではありません。

ひづめ、骨、硬い乾燥皮製品、硬いおもちゃなどは歯を折ることがあります(当然痛いです)ので、与える際は注意しましょう。

 

ブラッシングの方法

犬・猫が楽しんでブラッシングできるようにすることが大切です

ルール

-ごほうびの直前に行い、できた後はほめる

-決して怒らないこと。嫌がる前にやめるのがコツです

-できる部分から。はじめは無理に口を開かない

 

ブラッシングの基本方法

ごほうびを見せる→まて→以下のステップ→ごほうび

ステップ1・・・口をあけず唇をめくるor触るだけ

ステップ2・・・指に好物の味をつけて歯にさわる

ステップ3・・・ぬれた歯ブラシで1秒だけ歯に触る

※まだ磨かない!歯ブラシへの抵抗をなくすことが目的!!

ステップ4・・・数秒ブラッシング

※口をあけず犬歯など磨きやすい部分から行い、徐々に全体に。

これを繰り返しながら様々な歯にアプローチする。

ステップ5・・・犬歯のすぐ後ろから歯の内側をブラッシング

※ステップ4と同様、繰り返しながら全体に。

ステップ6・・・口をあけ、奥の歯の内側までブラッシング

 

この手順を、各ステップ数日ずつかけて行ってください。

 

分からないことがあればお気軽にスタッフにお尋ねください☆

Posted : 2013年09月15日|Category : 院内新聞