私たち王寺動物病院では予防、一般診療、そして高度医療と幅広く飼い主様のニーズに合わせた獣医療を年中無休で行っております。

トップ

病院理念

病院紹介

夜間診療

担当表

設備・機器

料金

輸血医療

デイケア

リハビリ

栄養指導

パピーライフ指導

院内セミナー

リンク

胃拡張捻転症候群とは?

胃捻転は、胃がねじれる急性の病気です。急性胃拡張に伴って起こることが多く、
「胃拡張・捻転症候群」とも呼ばれます。この病気は早急に治療しないと、拡張した胃が横隔膜を圧迫し
胃の周りにある大きな血管も一緒にねじれ、心臓や肺、脾臓などの他の臓器にも影響を与え、
ショックにより命を落としてしまうこともあります。
原因
主な原因は、急性胃拡張を起こした後、すぐに激しい運動をすることです。
胃拡張の程度に差はありますが、胃捻転は胃拡張に続いて起こるケースがほとんどです。
急性胃拡張が起こる原因は??
早食い・食べすぎ・石や布などの異物を飲み込んだ場合・暑い時や運動後の速い呼吸、咳などで空気を
大量に飲み込んだ場合・胃の腫瘍などで胃の運動や胃酸の分泌が抑制された場合
など
これらのちょっとしたことで急性胃拡張が起こり、胃が大きく膨らんでいる時に激しい運動をすると、胃捻転を起こしやすいと言われています。
大型犬の中でもグレート・デン、ジャーマン・シェパード、ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、ボルゾイなどのように胸の深い犬種でよく見られます。
しかし、ダックスフンドやペキニーズ、柴犬などの小型犬や中型犬で見られることもあります。
症状
お腹が大きく膨れる・嘔吐しようとするが吐けない・苦しそうに呼吸をする・腹痛の為落ち着かず、動いたり、お腹を触られるのを嫌がる・よだれが多量に出る・ぐったりしている・舌の色が紫色または白っぽい
このような症状は急性胃拡張でもみられますが、胃捻転になると、重篤な症状が急激に発現するのが特徴です。
通常、食後3時間以内に激しい症状が現れ、痛みも非常に強い為、動いたり横になることを嫌がります。
このように、胃捻転は突然発症し、胃がねじれることからショック状態に陥ります。
放置すると24時間以内に亡くなることもあるので、このような症状がみられたら早急にご連絡、ご来院下さい。
治療
胃捻転は早期に治療しないと死に至ることが多く、緊急治療を必要とする代表的な病気です。
多くの場合、胃捻転を起こした動物は、ショック状態に陥ってます。そのため、ショックの改善をはじめ、拡張した胃のガスを抜く処置、更にはねじれた胃を元に戻す為に緊急手術を行う必要があります。
しかし、胃捻転は発見が遅れると、どんな治療をしても助からないことが多く、死亡率が高い病気です。
予防
胃捻転を防ぐ為には食餌や運動をきちんと管理することが大切です。
①一度に大量に食べさせない・飲ませない
②ゆっくり食べさせる
③食後に散歩や激しい運動をさせない
胃捻転は死に至ることが多い怖い病気ですが、以上のようなことに注意することで防ぐことが出来ます!

Posted : 2012年10月14日|Category : 院内新聞