私たち王寺動物病院では予防、一般診療、そして高度医療と幅広く飼い主様のニーズに合わせた獣医療を年中無休で行っております。

トップ

病院理念

病院紹介

夜間診療

担当表

設備・機器

料金

輸血医療

デイケア

リハビリ

栄養指導

パピーライフ指導

院内セミナー

リンク

設備
1F

待合室&受付

全面ガラス張りで太陽の光がたくさん射し込む、明るく開放的な待合室です。 そして吹き抜け部分からは、2階デイケアルーム天井の青空もお楽しみいただけます。

1F

診察室

診察室は計4室あります。 顕微鏡や超音波検査機、撮影したX線写真を最新のシステムで描出できるモニターなどを取り揃えています。

1F

処置室

高度な医療を行うため、血球計算機、生化学検査機だけではなく、 生体内ホルモン測定器やドラフトチャンバー(抗癌剤の調合などに使用)など様々な機器を設置しています。

1F

レントゲン室

動物専用のX線撮影機を設置しています。 人体用と比較して被爆量が少なく、動物の体への負担を軽減させます。

1F

第一手術室

電気メス、CO2レーザーメス、内視鏡などがあり、避妊や去勢などの日常的な手術を行います。

2F

デイケア室

飼い主様、獣医師・動物看護師とのカウンセリングを経て、 デイケア・ショートステイでの老犬の介護、リハビリを実施する部屋です。 犬や猫の個々の状態にあわせた介護が提供できます。

2F

第二手術室

Cアームや超音波メスが設置されており、骨折や椎間板ヘルニア・門脈シャント・胆管閉塞など、 整形外科から軟部外科まで様々な病気に対応して手術を実施することができます。

2F

手術見学室

飼い主様のご希望があれば、手術を見学して頂くことができます。

2F

犬入院室

最大27床あり、冷暖房・換気装置完備。小型犬から大型犬まで対応可能な入院室です。 また、バーニーズマウンテンドッグやグレートデンなどの超大型犬も対応可能な個室も準備しております。

2F

猫入院室

猫は静かな環境を好むため、犬とは別の入院室を準備しております。 また、過度な光によるストレスを与えないように室内も調光可能な電気設備を使用しています。

2F

隔離室

感染症を患っている動物が入院するための部屋になります。 他には、野生動物や、冷却・保温が必要な動物のために使用することもあります。

屋上バルコニー

病院の施設内にいながら、青空の下で風を感じながら散歩することができる場所です。 落下防止対策も講じており、安心してご利用いただけます。

往診車

機器

CT

CT検査は、X線を使って多方向から身体の断面を撮影する検査です。 身体のなかの様子を、まるで輪切りにしたかのような正確さで映し出します。 レントゲン検査より感度が高く、従来のレントゲン検査では検出できない微細な異常を明らかにできます。 骨折や椎間板ヘルニアなどの整形外科疾患、門脈シャントの診断、腫瘍の早期発見に威力を発揮します。 また、病変部をより詳細に理解することで、手術に役立てることができます。

Cアーム

手術中にX線撮影ができます。門脈シャント、骨整形や椎間板ヘルニアの手術などに有用です。 また、透視しながらカテーテル(チューブ)を正確な位置に導くためにも用いることができます。

眼科器具

眼科診療に用いる器具類です。 スリットランプは眼に光をあて拡大して観察するため、大きな倍率で立体的に眼を診ることができます。 また、トノペンは眼圧を測定し緑内障やブドウ膜炎の診断や経過の観察に威力を発揮します。

温熱治療器

鍼療法と温灸療法、ふたつの利点を兼ね備えた治療器具です。 赤外線が直接体内に働きかけて血行を促進し、動物の持つ自己治癒能力を向上させます。

ドラフトチャンバー

使用者を有害物質から保護することを目的とした排気装置です。 直接触れると人体に有害な抗がん剤などの調整や薬剤感受性試験を行っています。

トレーニングプール

動物の水中歩行訓練の機械です。 整形外科や椎間板ヘルニア手術後に歩行訓練や筋肉回復の為のリハビリに使用します。 また、夏場の運動不足解消やダイエットにも使用可能です。

レーザーメス

手術後の痛みが少ないなど、動物に優しい外科用レーザーです。 無麻酔または局所麻酔下での小さい良性腫瘤の除去にも使用できます。

内視鏡

食道・胃・十二指腸・小腸・大腸の検査や、同時に病理検査用にバイオプシーを行うことができます。 異物を飲み込んでしまった場合などに、この内視鏡で胃の中を見ながら、鉗子を用いて異物を取り出すことも可能です。

超音波メス

超音波振動によって発生する摩擦熱を利用して凝固止血切開を行う外科手術機器です。 止血や凝固切開だけでなく組織の剥離や切開にも利用可能で、 縫合糸を使わずに血管を結紮することもできます。

超音波検査機(エコー)

心臓の動きや腹腔内(肝臓、腎臓、脾臓、腸、膀胱、子宮など)をリアルタイムに見ることにより 病気(腫瘍など)の早期発見に役立ちます。

レントゲン

コンピュータにより画像解析ができる最新のレントゲン装置です。 局所の拡大、コントラスト、濃淡などを自在に操作することで、より精密な画像分析ができます。