私たち王寺動物病院では予防、一般診療、そして高度医療と幅広く飼い主様のニーズに合わせた獣医療を年中無休で行っております。

トップ

病院理念

病院紹介

夜間診療

担当表

設備・機器

料金

輸血医療

デイケア

リハビリ

栄養指導

パピーライフ指導

院内セミナー

リンク

料金表

初診料

1200円

犬7種混合ワクチン

9000円

避妊手術 犬

24000円~

再診料

650円

犬5種混合ワクチン

8000円

避妊手術 猫

19000円~

夜間救急診察料

8000円

猫3種混合ワクチン

5000円

去勢手術 犬

19000円~

往診料

3000円

遠隔地往診料(王寺・香芝・三郷・河合・上牧・平群・広陵・斑鳩・川西・安堵以外)

5000円

狂犬病ワクチン

3350円

去勢手術 猫

12000円~

 

 

 

 

ワンドック① 血液検査(血球検査・肝機能・腎機能・血糖値・コレステロール)

2500円

ワンドック② ワンドック①+尿検査

3000円

ワンドック③ ワンドック②+胸部レントゲン検査

7000円

ニャンドック① 血液検査(血球検査・肝機能・腎機能・イオンバランス・血糖値)

2500円

ニャンドック② ニャンドック①+尿検査

3000円

ニャンドック③ ニャンドック②+胸部レントゲン

7000円

マイクロチップ

処置料として5000円

※ 上記料金は税別です。
※ 各種カードでのお支払いも可能です。
※ 犬・猫以外のエキゾチックアニマル(フェレット、ハムスター、鳥類など)は、料金が多少異なります。
※ 当院はアニコム損保の対応病院です。診察の際に、「保険証」を忘れずにご持参下さい。
※ ご要望に応じて、手術・入院に対するお見積もりを作らせて頂くこともできます。
※ ご質問、疑問がありましたら、お気軽にお電話下さい。

ワンドック・ニャンドック

愛犬・愛猫の健康チェックをしませんか?

動物も人間と同様に、加齢に伴い、様々な問題、疾病が予想されます。
そこで当院では健康なワンちゃん、ネコちゃんを対象に、定期的な健康診断の
「ワンドック・ニャンドック」をおすすめしております。
料金も、通常の検査費用より負担が少なくなっております。
検査結果については後日郵送にて御報告させていただきます。
(郵送までは、二週間程度のお時間をいただいております。)

特に予約はいらず、いつでも実施させていただけます。
また、ワンドックを受けられた際に、体脂肪も同時に計測できるようになりました。
ご希望の方は受付またはスタッフまで。

マイクロチップの取り扱いに関して

はじめに

狂犬病への対策として、2004年の狂犬病予防法の輸入検疫制度改正に伴い、輸出入を行なう予定の犬・猫に対するマイクロチップの装着が義務として定められました。つまり、海外に動物を連れて行く場合、また海外から動物を連れて帰国する場合には動物検疫を受ける必要があり、その際マイクロチップを動物に装着しておかなければならないということです。また、動物の輸出入以外でも、地震や火事などの緊急災害時や、迷子になったときなどの確実な身元確認となりますし、捨て猫捨て犬の減少にも効果が期待されています。

マイクロチップとは?どんな処置を行なうのか?

マイクロチップは動物の個体識別を目的とした皮下埋め込み型電子標識器具です。農林水産省より動物用管理医療機器の承認を得ており、その使用は獣医師に限られます。マイクロチップの大きさはメーカーによって若干の差はありますが、直系約2㎜、全長11~13㎜の円筒形で、表面は生体適合ガラスで覆われています。一つ一つに15桁の個別識別番号が封入されていて、それを専用の読み取り機(リーダー)で読み取りその動物の個体識別(その動物がどこの誰かということ)を行なうのです。耐用年数は25~30年とされており、少なくともその動物の生涯にわたって使用が可能であるように設計されています。

マイクロチップの取り扱いに関して

埋め込み後

日本では埋め込み後6年間の観察で、副作用や腫瘍形成などの異常が認められなかった、という報告があります。マイクロチップは表面が生体適合ガラスで覆われているため、生体への影響は非常に低く、安全性が高いと考えられています。

当院での取り扱い

当院ではISO規格に準じたマイクロチップで個体管理を行なっております。マイクロチップの埋め込みを希望される方は、ご来院前にマイクロチップの在庫状況をお電話にてご確認下さい。その上で、診察させていただき問題がなければ処置致します。処置料として5000円かかります。(鎮静麻酔、局所麻酔など必要な場合は別途かかります。)

※ISO規格を導入している国とそうでない国があります。現在のところEU諸国、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、台湾などではISO規格が使用されていますが、アメリカ、香港、ハワイ、グアムなどでは旧規格が使われているので、ISO規格のマイクロチップは読み取れません。渡航先の大使館などに、マイクロチップの規格を確認して下さい。(もしISO規格対応外の国に渡航される場合でも、帰国の際に日本の検疫でISO規格のマイクロチップが入っている必要があります。)
※海外渡航にはさまざまな手続きが必要になりますので、書類申請及び準備には十分な余裕をもってご来院下さい。なお、必要書類の記入には数日単位のお時間を要します。